2007年01月31日

☆ほんとうに胎児体験できるのか?☆

前回はホロトロピックブレスワークでの体験、人間の意識の領域について触れましたが、


ほんとうに、ブレスワークでそのような退行ができて、不思議な過去の意識領域を誰もが経験できるのでしょうか?

出産時の体験からくる分娩前後の領域。胎児だったとき、親が話したことを聞いていて受けた精神的影響や、産道を通ったときの肉体的痛みなどの体験、

さらに超個のトランスパーソナルな領域。宇宙との一体感、前世体験、幽体離脱など霊的次元の体験、


ということですが・・・・


ご理解いただきたいのは、誰もが同じように体験できる訳ではないということです。

やはりそこには大きな個人差があるということです。


催眠もそうなのですが、催眠に入りやすい人と入り難い人と言うのは、はっきりしています。

顕在意識や理性の強い人、一般的には男性の方が催眠には入り難い傾向にあります。

それと同じように、ブレスワークでも個人差が大分あります。 特に、男性
と女性では体験がかなり違ってきますね。

ただ、催眠もそうですが、何回も体験していくうちに深い体験できるようになっていくようですので、一度の体験で諦めずに、何度か体験していくことをお薦めします。


【ホリスティックで自然・ロハスな健康・美容・セラピーの情報サイト】
 真美sinbiスタイルはこちらのURLをクリック ↓
 http://www.sinbi-s.com

ブログランキングに参加しています。↓ クリック!!のご協力を♪
人気blogランキングへ


2007年01月30日

☆意識の3つの領域を体験するワーク☆

前回触れたように、ホロトロピック・ブレスワークによって、無意識の領域が引き出されます。

さて、その無意識の領域ということですが、それは何なんでしょうか?

こうした中で、人は何を体験しているのでしょうか?

これには大きく分けて3つのレベルがあるといわれています。

まず、生まれてから今までの自伝的領域。

認識していなかった感情の痛みや、解決のついていない問題が浮上してくるケースで、精神的に喜怒哀楽が出るだけでなく、肉体的な痛み、緊張として表出することもあります。

次は出産時の体験からくる分娩前後の領域。胎児だったとき、親が話したことを聞いていて受けた精神的影響や、産道を通ったときの肉体的痛みなどを体験するコースです。

さらに超個のトランスパーソナルな領域。宇宙との一体感、前世体験、幽体離脱など霊的次元の体験がそれにあたります。

これら3つはどれから起こるかわからないし、最初は何も感じないこともあるようです。

ワークを続けると段階が変わり、内容も変化していきます。こうした深い領域での体験が精神に与える効果は計り知れないもののようです。


【ホリスティックで自然・ロハスな健康・美容・セラピーの情報サイト】
 真美sinbiスタイルはこちらのURLをクリック ↓
 http://www.sinbi-s.com

ブログランキングに参加しています。↓ クリック!!のご協力を♪
人気blogランキングへ

2007年01月29日

☆ホロトロピックブレスワーク☆

ホロトロピックブレスワークは、東洋に伝わる呼吸法を取り入れたもの・・・。

グロフは最初、無意識の世界を引き出すのに向精神性物質LSDを使ったようです。

チェコのプラハで心理療法の臨床研究をしていたましたが、、後にアメリカにわたり研究を続けています。

でも、LSDの使用が法律的に禁止されたので、ドラッグを使わない方法を開発せざるをえなかったということです。

この時注目されたのが、東洋の瞑想、ヨガ、チベット仏教などの精神修行法や、宗教的儀式の作法。これらは激しい呼吸や呼吸停止など、何らかの呼吸法と音楽によって意識に影響を及ぼすものでした。

こうした技法が取り入れられ、ホロトロピック・ブレスワークにつながったのです。

ホロトロピック・ブレスワークで用いる深く速い呼吸は、血液中の酸素と二酸化炭素の量を変化させ、アルカリ性の増加やカルシウムイオンの減少を引き起こします。こうしたことが脳に何らかの影響を与えるといわれています。

実際のセッションは次のようです。

セッションは複数で行ないます。たいてい、インストラクター1人とアシスタントが数人。始める前にペアを組み、一方がワークをしている間、片方がサポートします。

というのもタガがはずれたように感情が出てくると、自然に体が動き運動量が増すケースもあり、行動を見守る必要があります。またワークは長時間に及ぶので飲食、寒さ熱さの調節などさまざまな世話も要求されます。

ワークは何回かに分かれ、1回が4〜5時間かかるため、セッションは午前中から深夜までかかることもあります。

布団にシーツを敷く。毛布やタオルケット、座布団からティッシュ、段ボールなどが用意されます。メガネや時計、アクセサリーははずし、動きやすい服装になります。布団に横たわり、音楽に合わせて深く速い呼吸を始めます。

激しく呼吸すると手足がしびれ、引きつったようになることもあるが、これは心配することではなく、呼吸法が成功している証拠でもあります。時間が経てば筋肉の緊張は取れていきます。

最初の1時間ほどは意識的に呼吸するように指導されます。

呼吸をしながら、手足をばたつかせる人もいれば、歩き回る人、静かに横になっている人もいます。

叫んだり、話したり、思い思いの行動で1〜2時間は雑然とするが、時間が経つとほとんどの人が静かに横たわっています。ワークを終えたあとはボディワーク。そのほか、体験を絵にして自分を振り返る場合もあります。


【ホリスティックで自然・ロハスな健康・美容・セラピーの情報サイト】
 真美sinbiスタイルはこちらのURLをクリック ↓
 http://www.sinbi-s.com

ブログランキングに参加しています。↓ クリック!!のご協力を♪
人気blogランキングへ


2007年01月28日

☆呼吸法を使ったワーク☆

トランスパーソナル心理学の代表的な存在といえばスタニフ・グロフ。

そのグロフが開発したワークです。


そのワークは、

強烈なテンポの音楽に合わせて、深く速い呼吸を繰り返していきます。

手足がしびれる。抑えていた感情があふれ出し、それにつられて体が動き出す。

瞑想的なヴィジョンを見ることもあります。

呼吸法、音楽、ボディワークを組み合わせたセラピーがホロトロピック・ブレスワークで、無意識の活性化が促されるようです。「

ホロトロピック」とはギリシア語で「全体性の」とか「全体を含む」といった意味。

アメリカ在住の精神科医、スタニスラフ・グロフが開発したものです。

今までも触れてきように、
トランスパーソナル心理学では、表面的な意識だけでは人間の精神世界はとらえきれないとして無意識の世界まで含めた精神世界の必要性を説いています。

それまでの心理学との違いは、無意識の世界を非常に広くとらえている点で、神秘体験、悟り、魂のレベルが重要な役割を果たしている。この意味での無意識に癒しや変容を握る鍵が隠されているとしています。

ホロトロピック・ブレスワークについては

また・・・


【ホリスティックで自然・ロハスな健康・美容・セラピーの情報サイト】
 真美sinbiスタイルはこちらのURLをクリック ↓
 http://www.sinbi-s.com

ブログランキングに参加しています。↓ クリック!!のご協力を♪
人気blogランキングへ

2007年01月27日

☆身体の感覚からアプローチするセラピー☆

野口整体で心身一如ということに触れましたが、心理療法でも身体を重視しているものが多くあります。

特にトランスパーソナル心理学と言われる心理療法では、身体感覚などを扱ったものが多くあります。


そのひとつに、フォーカシングがあります。


以前紹介しているので、詳しくはそちらを見ていただければいいかとは思いますが、あらためて簡単にご紹介しておきます。


フォーカシングのポイントは、まず自分の身体の感覚に意識を向けると言うことです。

なんか、”こんな感じ”という、身体の感覚。

それをフェルトセンスと言っています。

感情が伴った身体感覚ですね。

感情と身体って結びついているんですよね。

NLPでも感情を身体感覚で意識するということをやります。

ここですよね、すべてのポイントは・・・・


その感情・身体感覚に気づく・・・気づいてあげる・・・・


それが、フォーカシングですね。


つづきはまた・・・


【ホリスティックで自然・ロハスな健康・美容・セラピーの情報サイト】
 真美sinbiスタイルはこちらのURLをクリック ↓
 http://www.sinbi-s.com

ブログランキングに参加しています。↓ クリック!!のご協力を♪
人気blogランキングへ

2007年01月26日

☆スピリチュアルということ☆

ここ数年で、スピリチュアルとういう言葉が一般的になってきました。

暫く、トランスパーソナル心理学について触れてきましたが、


トランスパーソナル心理学は、

この”スピリチュアルを科学する心理学”

と言えるのかもしれません。


さて、


前回は、

”自分を突き詰めて行くことこそが、おおきなテーマとなってくるんですね”

ということで、締めくくりました。


この、”突き詰める自分”

それが、きっとそれが

”スピリチュアル”

”自分の奥底にある本来の自分”

それを突き詰めて、そこに気づきが生まれてくる・・・・


でも、それはそんなに簡単なものではありません。


これから、そのスピリチュアルのノウハウ、トランスパーソナル心理学といわれている、その具体的な手法を少しご紹介していきたいと思います。

それではまた・・・


【ホリスティックで自然・ロハスな健康・美容・セラピーの情報サイト】
 真美sinbiスタイルはこちらのURLをクリック ↓
 http://www.sinbi-s.com

ブログランキングに参加しています。↓ クリック!!のご協力を♪
人気blogランキングへ










2007年01月25日

☆量子物理学と心理学???☆

少し難しい話が続いていますが、心やスピリチュアルを物理学が解明しそうだというのは、大変興味深いところです。

西洋の物理学、量子物理学が、2千年前の仏教の般若心経と
同じ事を発見しているのです。

そうです、色即是空と同じことを・・・・


科学的な宇宙の考え方は量子力学と、エネルギーと物質を別の物と考えることに疑問を呈したアインシュタシンの相対性理論によって、根本的に変わりました。

宇宙が論理的に行動する微細な固形物で出来上がっているという都合のよい考え方はすっかり否定されたわけです。

粒子というのは別々の孤立した存在ではなくて、お互いに関連している。
世界は相互に関連した出来事の連続であり、とぎれることのない動的な総体といえるのだと・・・

科学者は今、観察者ではなく参加者になったのです。

さて、

あらためて、トランスパーソナルを突き詰めて言うとすれば、

それぞれの心理の成長段階に対応した心理的の処方をあたえる事によって、

個人が個人意識を越え宇宙のふところに深い安らぎを見いだした心境。


<宇宙意識>=個と宇宙の一体感(仏教でいう悟りの境地)にまで、到達す
ることができるようにしよう!

と、いうようなものなのです。

そして、それをするのが、自分自身なので、自分を突き詰めて行くことこそが、おおきなテーマとなってくるんですね。


【ホリスティックで自然・ロハスな健康・美容・セラピーの情報サイト】
 真美sinbiスタイルはこちらのURLをクリック ↓
 http://www.sinbi-s.com

ブログランキングに参加しています。↓ クリック!!のご協力を♪
人気blogランキングへ

2007年01月24日

☆東洋と西洋が融合した新しい世界を☆

トランスパーソナルは、西洋的なものと東洋的なもの融合という面をもっています。

それは、個人に置き換えると、エゴイズムと全体性や潜在意識との調和や融合と言えるかもしれません。

最終的に目指す心理状態は、悟りと言えるのかもしれません。

ここが正に肝となるところです。

シュタイナーが言っている、人類や地球の発展・進化の過程として、西洋的な科学や個人主義の世界というのは必要なプロセスであったのだということだと思います。

エゴイズムの極地、アメリカの個人主義・エゴイズムと東洋の思想。。。

日本は融合するどころかすっかり、アメリカより西洋的になってしまってしますが・・・

さて、
般若心経の最初に出てきますが、仏教が生み出したものの中で禅が何よりも
重視している色即是空・・・

  形は空と異ならず

  空は形と異ならず

  形はまさしく空であり

  空はまさしく形である


量子物理学が、これと同じ事を発見しています。

つづきはまた・・・

【ホリスティックで自然・ロハスな健康・美容・セラピーの情報サイト】
 真美sinbiスタイルはこちらのURLをクリック ↓
 http://www.sinbi-s.com

ブログランキングに参加しています。↓ クリック!!のご協力を♪
人気blogランキングへ

2007年01月23日

☆あやしさを科学的した心理学☆

トランスパーソナル心理学は科学なのです。

トランスと聞いただけで

”あやしい”

と勘違いされてしまうのですが、

人の心のそれぞれの発達段階、心の層に応じたさまざまなセラピーの統合、というトランスパーソナルの骨組みは、孤立した個人性という意識を越え、個を越えたもの・・・・

その越えたものとの一体感を回復するという意味できわめて宗教的でありながら、排他的でなく、

他者による再実験・反論・修正が可能でオープンな仮説であるという意味で科学といえるのです。


トランスパーソナルの言うところをまとめると

だいたい、3つのポイントがあるようです。

1.人間の成長は、自我の確立、実存の自覚、自己実現などの言葉で示され  る

  <人格=個人性=パーソナリティ>の段階で終わるのではなく、他者・   共同体・人類・生態系・地球・宇宙との一体感・同一性(アイデンテ   ィティ)の 確立、すなわち<自己超越>の段階に到達することがで   きる。

2.人間の心は生まれつき、構造的にそうした成長の可能性をもっている。

3.その成長は適切な方法の実践によって促進できる。

 周囲に流されることなく、自ら判断し、自分の命の、かけがえのないすばらしさ、愛しさを知っているからこそ、他者の命をも尊重することのできる!


理性、批判力、独立性、自律性といった、個人的なもの・・・・

それを越えていくこと、

”自己からの逃避”ではなく、

自己確立”をしたうえでの

”自己超越”(トランスパーソナル)



いい人にならなければならない、

なりたい、

なろうと思うだけではなれない、

というのは、エゴイズムが、知識、理性、意識の問題ではなく、人間の魂の

奥深いところの問題、


それは、「奥深い潜在意識」の問題、

といえるのかもしれません。


とすれば、いかにして、心の深層に深くある何か?

を癒し統合していく・・・・


そんなことができればいいのかな〜と。


潜在意識と顕在意識の健全な統合が成されること・・・

かと思っています。


【ホリスティックで自然・ロハスな健康・美容・セラピーの情報サイト】
 真美sinbiスタイルはこちらのURLをクリック ↓
 http://www.sinbi-s.com

ブログランキングに参加しています。↓ クリック!!のご協力を♪
人気blogランキングへ




2007年01月22日

☆新たな時代を感じさせる心理学☆

さて、なかなか批判も多い心理学ではあります。

トランスパーソナル心理学ですが・・・・。


ロジャーズやマズローらの人間性心理学の自己超越の概念を発展させて、個を超える領域への精神的統合を重んじる心理学。


臨床的には一定の効果が確認されているが宗教、神秘主義であるという批判も根強いようです。


代表者はスタニスラフ・グロフやケン・ウィルバーです。


以下は,ある支持する立場からの意見を紹介しておきます。


トランスパーソナル心理学は、哲学であり、思想であり、学問であり、幸福論であり、自分学であり、医療であり、すべての科学の理論(物理学や量子力学をも含む)と、実証されたことを結集して、より高度な心理状態を達成しようというものであり、セラピーやワークをともなう。

 
孤立、不安、悩み、いらだち、身勝手さ、憎しみ、争い、奪いあい、殺しあい、とめどもない精神破壊、環境破壊から、個人や人類が生き延びるためにはどうしたらいいのか。

 
近代的なアメリカ式個人主義は、すでに限界に来ており、その限界は越えなければならないし、越えられるということです。


実際のところ、私自身も、このアメリカの個人主義を超えた新たな動きが出てきていることを如実に感じています。


 なんか行き詰まり感があるこの現代世界において、これからの新しいパラダイムシフトが期待できそうな予感を感じさせてくれます。
 

これは、現代思想の最前線にあり、政治・経済の体勢だけでなく、人間の”心”をどうするかについて、普遍的で妥当な提案を含んでいるといえるのかもしれません。


【ホリスティックで自然・ロハスな健康・美容・セラピーの情報サイト】
 真美sinbiスタイルはこちらのURLをクリック ↓
 http://www.sinbi-s.com

ブログランキングに参加しています。↓ クリック!!のご協力を♪
人気blogランキングへ

2007年01月21日

☆スピリチュアルな成長のための心理学☆

トランスパーソナル心理学とは何か?

ということをもう少し考えたいと思います。


トランスパーソナル心理学にいくつかの定義があります。

「トランスパーソナル心理療法とは、身体的側面、情緒的側面、知的側面、そしてスピリチュアルな側面の統合を目指した癒しの方法である」

「トランスパーソナル・セラピィは、精神分析や実存心理学を含む西欧心理学の伝統と世界の永遠の哲学とを繋ぐ、癒しと成長のためのアプローチである。トランスパーソナル・セラピィをほかのオリエンテーションから区別するものは、テクニックでもクライエントが語る問題でもなく、セラピストのスピリチュアルな視点である」


「トランスパーソナルな体験とは、アイデンティティや自己の感覚が個人的なものを越えて拡がっていき、人類、生命そのもの、精神、宇宙といったより広い側面を含むようになっていく体験のことである。


 トランスパーソナル心理学とは、このようなトランスパーソナルな体験およびそれに関連した諸現象についての心理学的研究のことである・・・・そしてトランスパーソナル心理療法とは、このトランスパーソナルな視点を持った心理療法のことをいうのである」


と三つあげましたが、

以下が、
いちばん適切と思われる考え方は次の定義ではないか、

と諸富氏は言っています。


「ある療法がトランスパーソナル心理療法であるか否かを決めるのは、そこで用いられる心理学的アプローチやテクニックではない。またそれは、そこで扱われる内容でもない。

 トランスパーソナル心理療法にとって決定的に重要なのは、人生や心に対するセラピストの姿勢、ものの見方、枠組みである。いかなる観点に立って、セラピーに取り組みか、である。

あるセラピストが、『症状の除去』『問題解決』『現実適応』

といった観点からではなく、『魂の世話』とか『サイコスピリチュアルな成

長』といった観点に立ち、そこを立脚点としてセラピィに取り組むならば、

いかなる技法を用い、いかなる問題を扱おうと、それはトランスパーソナル

心理療法となるのである 」



次回からはもう少し具体的な内容をみていきたいと思います。


【ホリスティックで自然・ロハスな健康・美容・セラピーの情報サイト】
 真美sinbiスタイルはこちらのURLをクリック ↓
 http://www.sinbi-s.com

ブログランキングに参加しています。↓ クリック!!のご協力を♪
人気blogランキングへ

2007年01月20日

トランスパーソナル心理学とは?

何かと誤解も多いトランスパーソナル心理学ですが、まずは辞書的な定義をみてみたいと思います。

まず、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』では次のように紹介しています。

トランスパーソナル心理学とは、一九六〇年代に展開しはじめた心理学の新しい潮流で、行動主義心理学、精神分析、人間性心理学に続く第四の心理学。

人間性心理学における自己超越の概念をさらに発展させたとされる。人間の究極的な目的とは、自己を越えた何ものかに統合されると考え、そのための精神統合の手法を開発した。


臨床では一定の効果が認められるが、もともとニューエイジ思想の影響が色濃く、「自己を超えたなにものか」という時点で既に他者には確認不能であり、再現性に乏しい上にスピリチュアリティーも扱うため宗教に近い部分もあり、そのため宗教や神秘学そのものであるとの批判もあり、ユングと並んでオカルトとの違いに気を配る努力も見られる。


トランスパーソナルな視点を取り入れた臨床心理士も存在する点において、単なる思想とは一線を画したものであるとされる。再現可能性、実験再現性、再観測可能性や、臨床試験を中心に据えた研究発表は現時点では非常に少なく、反駁不可能な領域に関しても言及しようとする傾向もある、まだまだ発展途上の心理学の分野である。 なお、日本国内でも、大学等で研究する研究者は存在する。



代表的な心理学者としては、イタリア人でフロイトの弟子の一人サイコシンセシス(精神統合)のロベルト・アサジオリ、人間性心理学でも知られ、至高体験にも焦点をあてたアブラハム・マズロー、ホロトロピック・ブレスワークのスタニスラフ・グロフ、古今東西広大な領域の理論的統合を試みるケン・ウィルバーなどが上げられる。


ということですが、

さて、これだけではなかなか分かり難いかもしれません。

次回はもうすこし噛み砕いていきたいと思います。


【ホリスティックで自然・ロハスな健康・美容・セラピーの情報サイト】
 真美sinbiスタイルはこちらのURLをクリック ↓
 http://www.sinbi-s.com

ブログランキングに参加しています。↓ クリック!!のご協力を♪
人気blogランキングへ

2007年01月19日

☆悟りの心理学☆

”悟りのための心理学”

といってもいいかもしれません。

それは、

”トランスパーソナル心理学”

のことです。


あなた、ご存知でしたか?

このトランスパーソナル心理学のことを。


嘗ては、トランスパーソナルはニューエージとほぼ同じものとみなされ、

「トランスパーソナル」ときいただけで、なんとなく「危うい」とか「胡散

臭い」などとされることが多かったものです。


今もその傾向はありますが・・・


トランスパーソナル心理学のトランス(越える)を、

トランス状態(忘我的な恍惚状態)

トランスと誤解している人も少なくないようです。


どこか「いかがわしい心理学」として、精神分析や行動心理学、ユング、ロ

ジャースなどの「正当な心理学」とは区別して、敬遠したがる人も多いようです。

そんな心理学ですが、これから暫く触れていきたいと思います。

つづきはまた・・・


【ホリスティックで自然・ロハスな健康・美容・セラピーの情報サイト】
 真美sinbiスタイルはこちらのURLをクリック ↓
 http://www.sinbi-s.com

ブログランキングに参加しています。↓ クリック!!のご協力を♪
人気blogランキングへ









広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。